【18禁】18歳以上ですか? (はい)  (いいえ)

【体験談】地元で可愛いと評判のJKを俺達3人で輪姦してみたwww

地元の美少女

高校時代、4Pを経験したという投稿者。皆が寝静まった後に2人でこっそりイチャイチャしていたつもりが、友達に見つかってしまい・・・・
JKの乱交

俺の初めての4P体験は高校生の時。

1年生か2年生の頃かな。

友達三人で遊んでいる時に、女の子呼びたいなぁってなって、地元でもなかなか可愛いと評判のシホが来てくれることに。

シホはちょっと派手目で、スラっとしたスレンダーな女の子。

男三人とシホは同級生だったので、懐かしい話からエッチな話まで。

ちなみに男3人は童貞ではありません。

自分で言うのも何ですが、割とヤンチャな感じで、結構モテていました。

シホは2つ上の先輩と付き合っていたので、もちろん経験済。

エッチな話で盛り上がって、そのまま寝ることに。

みんな雑魚寝で、何故か俺とシホが一緒に布団で寝ることに。

布団で二人で話しているうちに、布団の中でキス。

キスは俺からしましたが、すぐに舌を絡めてくるシホが凄くエロかった。

友達は寝静まっている感じ。

もちろんキスだけではおさまらず、そのまま胸を触るとシホがしがみついてくる。

シホの胸はCカップぐらいだろうか。

そんなに大きくはないが、凄く柔らかくて気持ち良い。

ブラを外し胸を揉みながら、乳首を舐める。

シホは必死で声を押し殺している。

乳首が感じるのが、凄くビンビンになって、必死で声も我慢しているようだった。

「ダメだって・・みんな起きるよ・・」

「大丈夫、みんな寝てるよ。」

小声で話す。

だけど同級生のピンクの乳首に、俺もギンギンに。

そして、ゆっくりとスカートをたくしあげて、下着の上からアソコを撫でる。

「んっ・・・」

友人達に聞こえるような声が出るが、俺もシホももうそれどころじゃないくらいの興奮。

そして、下着の中に手を入れるると、ホントにびしょびしょ。

クリをやさしく触ると、「ん・・・」

明らかに喘ぎながら、シホの太ももが閉じようとする。

そのまま指を入れると、シホは必死に布団で口を押さえている。

部屋にグチョグチョという音が響く。

その時に異変が。

寝ていたはずの、友人アツシがベッドのすぐ横に。

「俺も触りたい。。」

ビックリした俺とシホだったけど、「どうする?触りたいんだって。ちょっとならいい??」

指を動かしながら聞く。

「恥ずかしい。。」

「ダメ?ちょっとならいいの?」

「ぅん。ちょっとなら・・」

シホのびしょ濡れの下着を脱がせて、アツシと交代。

アツシはデニムの上からでも分かるくらい勃起してる。

アツシが攻めている時に、俺は下着を脱いで、シホの顔に勃起したモノを近付けて「舐めれる??」

シホは頷いて、そのまま口に含む。。

喘ぎながらフェラされているのと、同級生のフェラに興奮は絶頂。

気付けば、友人コウジもシホの乳首を舐めていて、全裸状態。

シホは一心不乱に俺のをフェラしながら、コウジに乳首を舐められ、アツシに手マンされており、遠慮なく喘いでる。

すると、アツシが「俺も舐められたい。」というので、交代して挿入する。

「あ~。。」

いま思えば、シホは感じやすい子だったと思う。

部屋は薄暗いが、アツシのモノを咥えながら、コウジに乳首を舐められ、俺に挿入されているシホが見える。

イキそうになったので、バックに変えて、今度はコウジのを舐めながら俺に突かれている。

まだイカないようにとゆっくり突いていると、物足りなくなったのか、自ら腰を振り出したシホ。

コウジのもジュルジュルと聞こえるくらい大きな音を立ててフェラしている。

そのうち、「あああ~」と大きな喘ぎ声を出しながら、小刻みに痙攣し始めた。

俺はそのまま我慢出来ずに発射。

すかさずコウジが挿入。

汗も混じっているのか、シホのアソコはグチョグチョ。。

部屋にパンパンと激しくシホを突く音が響く。

「あぁ~」

フェラしているので、くぐもったシホの声と。

すぐにアツシも果て、そのままコウジも正上位で挿入。

その間、俺はシホの手を握っててあげていた。

コウジはさらに早く発射。

男もシホも放心状態。

まるで現実じゃないかのような錯覚。

気付けば朝になっていて、二時間半が経過してた。。

俺達が学校で目立った存在だったので、興味を持っていてくれたらしい。

それから、何度もシホとは遊んだりエッチしたりしてました。

若き日の思い出です。


タイトルとURLをコピーしました